FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期的なオーバーホールで愛車長持ち♪

おかげさまで好評をいただいているJune bikesのオーバーホール。
今日はその様子を少しご紹介。



今日ご紹介するのはスタンダードメンテナンスの様子。
日ごろ、街乗りで使用している自転車です。

作業台に載せられたバイク。

今回の場合は、まず洗車で車体をきれいにした後、作業台に載せます。
必要に応じてパーツを取り外し、個別にクリーニング。

必要に応じて取り外し。
↑こんな感じ。細かい&頑固な汚れは個別に取っていきます。

ヘッドパーツも取り外してきれいにします。

劣化したグリスや汚れでベトベトのヘッド周りも分解。クリーニングの後にグリスを充填して組み付けします。

汚れがとれますね。

写真ではちょっと見難いですが、汚れがどんどん落ちてきます。


その後、必要なパーツを交換しつつクリーニング&組み付けを行い、ワックス掛けを行い完了!
きれいになった愛車は動作もバッチリです。


最近、
「愛車の調子が悪いな。そういえば長いこと乗りっぱなし。。。」
と、いう方は、ぜひオーバーホールで愛車をリフレッシュ!
楽しい自転車ライフをお約束します♪


June bikesメンテナンスメニュー

イージーメンテナンス
■コンポーネントの取り外し無しでのクリーニング~不具合チェック・調整
■あまり消耗をしていないバイクに行う比較的ライトなメンテナンス
■料金…¥6,000(税込、パーツ代除く)

スタンダードメンテナンス
■必要に応じて部品を取り外してのクリーニング~不具合チェック・調整など
■通常使用により消耗したバイクに行うスタンダードなメンテナンス
■料金…¥12,000(税込、パーツ代除く)

フルメンテナンス
■全体を分解してのクリーニング~不具合チェック・再組み立て及び調整、その他ディスクブレーキのオイル交換など
■ハードに乗り込んで消耗したバイクや長期間使用のなかったバイクに行うメンテナンスやレストア
■料金…¥24,000(税込、パーツ代除く)

※標準で約1週間のお預かりです。(別途パーツのお見積・お取り寄せが必要な場合、お時間を頂戴する場合があります。また、お急ぎのお客様はご相談ください。)
※メンテナンス中、特別に処置の必要な不具合が見つかった場合、別途費用が発生する場合があります。(事前にご連絡いたします。)


ご好評いただいている特典はもちろん有効!
オーバーホールと同時にご依頼いただいたパーツ交換は工賃無料です。

ご依頼、ご質問はshop@junebikes.netまでお気軽にどうぞ。







メーカーサイト
メーカーサイトはこちら

ショップサイト
ショップサイトはこちら


スポンサーサイト

11速化。

高い性能の人気の9000系デュラエースですが、その11速フリーボディは今までの8-9-10速フリーボディとは互換性が無いのが悩みどころ。


しかし、カンパ、フルクラムホイールをご使用の方はフリーボディ交換で対応可能なケースがあります。

11SPEEDの文字が誇らしげ♪


このように、11速対応フリーボディを取り付け。
これでホイール交換することなく11速が使えます!

年式・モデルにより交換ができない場合もありますが、ご依頼・お問い合わせはお気軽にshop@junebikes.netまで。






メーカーサイト
メーカーサイトはこちら

ショップサイト
ショップサイトはこちら


冬の間に…June bikesメンテナンスメニューのご案内。

まさかの大雪に見舞われた東京都内!
一夜明けても雪が残り、路面は凍結…さすがに自転車での移動は控えたほうが良いシチュエーション。

やはり、今年の冬は寒いのでしょうか?


さて、今日は冬の間にぜひ済ませておきたいJune bikes メンテナンスメニューのご案内。

メニューの概要はバイク・パーツのクリーニング~チェック・調整ですが、お客様に合わせて3コースをご用意しています。

イージーメンテナンス
■コンポーネントの取り外し無しでのクリーニング~不具合チェック・調整
■あまり消耗をしていないバイクに行う比較的ライトなメンテナンス
■料金…¥6,000(税込、パーツ代除く)

スタンダードメンテナンス
■必要に応じて部品を取り外してのクリーニング~不具合チェック・調整など
■通常使用により消耗したバイクに行うスタンダードなメンテナンス
■料金…¥12,000(税込、パーツ代除く)

フルメンテナンス
■全体を分解してのクリーニング~不具合チェック・再組み立て及び調整、その他ディスクブレーキのオイル交換など
■ハードに乗り込んで消耗したバイクや長期間使用のなかったバイクに行うメンテナンスやレストア
■料金…¥24,000(税込、パーツ代除く)

※標準で約1週間のお預かりです。(別途パーツのお見積・お取り寄せが必要な場合、お時間を頂戴する場合があります。また、お急ぎのお客様はご相談ください。)
※メンテナンス中、特別に処置の必要な不具合が見つかった場合、別途費用が発生する場合があります。(事前にご連絡いたします。)


ご好評いただいている特典はもちろん有効!
オーバーホールと同時にご依頼いただいたパーツ交換は工賃無料です。

年末年始、オーバーホールをし損ねた方はぜひこの機会に。
シーズンインと共にリフレッシュした愛車で楽しい自転車ライフを♪

ご依頼、ご質問はshop@junebikes.netまでお気軽にどうぞ。




メーカーサイト
メーカーサイトはこちら

ショップサイト
ショップサイトはこちら


気をつけておきたいケアポイント~ステムボルト編。

今日も、所々で急な降雨があった関東地方。
気持ち良くサイクリング中に雨に降られてしまった方もいるかもしれません。

「自宅に帰って着替えを済ませ、ひと段落。」

といきたいところですが、ちょっと待って!
厄介な自転車の敵、手ごわいサビはこういう出来事をきっかけにして発生しやすいのです。

ぱっと見はいつものステム周り。

こちらは、お客様にお持込いただいた自転車。
ぱっと見は何の変哲もないステム周りですが、よ~く見ると…

ボルトにサビが。

このように、ボルトにサビが発生しています。


ここで注目して欲しいのはサビの発生箇所。

ボルトの上側&ステムとボルトの隙間に発生しています。
これは、水気の切れにくい箇所にサビが発生する証拠。他にも、プレッシャープラグボルトの六角穴なんかもサビの発生しやすい箇所といえます。

この様なサビの発生を事前に防ぐコツとして、隙間や穴などの水気が切れにくい箇所は他よりも少し念入りに拭いてあげるのがポイント。
細かい隙間にはウェスを差し込むようにして拭いてあげるとGOOD♪


いつも持ち主に応えて頑張ってくれる愛車。ちょっとしたひと手間で長持ちさせてあげてくださいね。

「そうはいっても、どうすれば良いか…。」
「他にはどんな事に気をつけたら良いの?」

というお客様には、カフェやスイーツ、ランチを楽しみながらメンテナンスを覚えられると好評のメンテパーティーを受付けています。

興味のある方は、お気軽にshop@junebikes.netまで♪





メーカーサイト
メーカーサイトはこちら

ショップサイト
ショップサイトはこちら


PBの…?

さて、早いものでもう12月、2011年も残すところあと1ヶ月を切りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?



…と、今日は少々珍しいツールをGETしたのでご紹介しちゃいます。

何処と無くお洒落なPBのタイヤレバーです。

ヘックスレンチやドライバーで有名なスイスの工具メーカー【PB SWISS】のタイヤレバーです。

先述のヘックスレンチやドライバーは自転車ユーザーからの評価も高く、実際に使用している方も多いかと思いますが、こちらのタイヤレバーは初めて見た方もいらっしゃるのではないでしょうか?

シャープなデザインとPBのロゴがお洒落なこのタイヤレバー、June bikesも思わず一目惚れ!


と、いうことで
早速、キャビネットに収めてみました。

早速キャビネットに収めてみました。

心なしかキャビネットの中が引き締まった感じ?




まぁ、こんな感じでまた一つ工具が増えていってしまう訳で…。



…と、ステキな工具を見かける度にその誘惑に勝てないJune bikesですが、これらの工具達をフル活用して行うオーバーホール、年末年始にかけて仕上がり日指定希望でのご予約も好評受付中です。
ご依頼、ご質問はshop@junebikes.netまでお気軽に。
プロフィール

June bikes

Author:June bikes
日本発の自転車ブランド、June bikesが運営するバイクショップです。
所在地:〒125-0054 東京都葛飾区高砂1-4-13
販売・修理等のお問い合わせはshop@junebikes.netまでお気軽に。
営業日等はTwitterにて

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メーカーサイトリンク
ショップサイトリンク
リンク
メーカーサイトリンク
ショップサイトリンク
Twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Facebookページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。